日焼けをしてしまったらホワイトニングケアをしましょう

しっかりと日焼け止めを使っていても、日焼けをしてしまうこともありますよね。

そんな時、ホワイトニングケアをすることで、日焼け後のお肌の状態も違ってきます。そこで今回は、ホワイトニングケアについてお話しましょう。

まずホワイトニングを始めるタイミングですが、早ければ早いほどいいです。もちろん、お肌が真っ赤になって熱を持っている状態でホワイトニングを始めてしまうと、刺激が強すぎてしまいます。

日焼けは「火傷」と同じ症状なので、まずは「冷やす」ということが大切です。日焼けをしてしまった部分をしっかりと冷やし、火照りなどが治まってから、ホワイトニングを始めましょう。

日焼けをしてしまったお肌は刺激に弱い状態なので、ホワイトニングをする時は普段以上に丁寧に、優しく行うようにしてください。ホワイトニングをしっかりとすることで、シミやシワが出来るのを抑えてくれます。


メラニン色素を抑えてくれるような美白ローションや、ホワイトニング美容液がおすすめです。成分表をチェックして美白成分やビタミンC誘導体が配合してあるものを選ぶようにしましょう。

サエル

ただ、日焼け後のお肌が炎症を起こしている場合、無理に自分でホワイトニングをしようとはせず、まずは皮膚科に行くことが大切です。先ほどもお話しましたが、日焼けとはお肌が火傷をしている状態です。

酷い場合は水泡が出来たりしてしまうので、火照りがなかなか治まらない、お肌がヒリヒリする感じがするという場合は、お医者さんで見てもらいましょう。

イルコルポミネラルボディシャインジェル

日焼け後、色素沈着のケアに。美白を取り戻すシャイニングジェル。
http://www.sibody.co.jp/campaign/ilcorpo_shinegel.html

▲ページトップに戻る