トップ > 日焼け予防 > 日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めの正しい使い方

「日焼け予防」と言えば、なんと言っても「日焼け止め」ですよね。紫外線が強くなる時期になると、日焼け止めの種類も豊富で、何を選んだらいいのかわからないと言う人も多いでしょう。

SPFの数値が高ければ高いほど良い・・・と思っている方も多いと思いますが、実はそうではないんです。そこで今回は、日焼け止めの正しい使い方についてお話しましょう。

まず日焼け止めには、SPFとPAの表示がありますよね。SPFはシミやお肌の炎症の原因となる「紫外線B波」をカットしてくれるものです。

SPF1で約20分間、紫外線B波をカットしてくれるので、例えばSPF30の日焼け止めを使った場合、約10時間、紫外線B波をカットしてくれると言うことになります。

次にPAですが、お肌の奥不覚まで届き、シワやたるみの原因となる「紫外線A波」をカットしてくれるものです。パッケージに「+」の表記がしてありますが、この+の数が多いほど、紫外線A波をカットする力が大きくなります。

一般的な日常生活ではSPF30あれば大丈夫ですが、レジャーなどで外に出ている時間が多いときはSPFの数値が高い物を使うようにしたりと、その時に応じて使い分けるのがおすすめです。

また、SPFの数値が高いと、その分お肌にも負担が大きいです。数値が引くい日焼け止めをこまめに使うというのもポイントですよ。


おすすめの記事

敏感肌でもヒリヒリしない!

美白ケアはしたいけど、敏感肌だからヒリつきが怖くてスキンケアもできない。いったいどうすれば...

日焼け後のかゆみはどうしたらいいの?

日焼けをしてしまった場合、体質やもともとのお肌の状態、日焼けの度合いなどによって...

日焼け後にお肌がぶつぶつしてきた

日焼け後のお肌のトラブルにも色々とありますが、お肌がブツブツとしてしまうことが...

日焼けが原因の肌荒れ

肌荒れにも色々な原因があるのですが、中でもやっかいなのが日焼けによる肌荒れ...

関連記事

日焼けを予防するために服の色にも注意する

帽子なら何でも良いというわけではない。

日焼け後のケアのためにビタミンCをたっぷり補給しよう

敏感肌でも大丈夫!ヒリつかない美白化粧品

自転車に乗る時の日焼け予防のポイント