日焼け後の正しいスキンケア

「日焼け止めを塗っていたのに日焼けをしてしまった」「日焼け止めを塗り忘れて日焼けをしてしまった」と言うようなこともありますよね。

そんな時に大切なのが、日焼け後の正しいスキンケアです。日焼けをしてしまったからと言って諦めず、スキンケアをしっかりとしていきましょう。

さて、そのスキンケアですが、間違った方法では意味がありません。大切なのは「正しいスキンケア」です。まず日焼けをしてしまった当日は、火照ったお肌をクールダウンさせることに専念しましょう。

美白や保湿などは、まずクールダウンをさせてから行ってください。皮膚が赤くなり火照った感じになってしまった場合、日焼けと言うよりも一種の「ヤケド」と考えてよいでしょう。

その状態でスキンケアコスメなどを使ってしまうと、逆にお肌を傷つけてしまいます。まずはお肌をクールダウンさせて、火照りを取ってください。

スポンサーリンク


そして、火照りが取れが翌日からスキンケアをしていきましょう。美白成分が配合されている化粧水を使って、タップリと水分補給をし、腕や足、首周りにも乳液を使って保湿をしてあげましょう。

日焼け後のお肌はとても敏感になっているので、普段使っているスキンケアコスメよりも、敏感肌用の物を使うのもおすすめです。

すぐに美白をしたいからといって、ビタミンC配合の化粧水を使うと、皮膚がヒリヒリとしてしまうことがあります。

もしも刺激を感じるようなら、皮膚が炎症を起こしているので、クールダウンをシッカリと行い、それでも刺激を感じるようなら、皮膚科にいくようにしましょう。

イルコルポミネラルボディシャインジェル
日焼け後、色素沈着のケアに。美白を取り戻すシャイニングジェル。
http://www.sibody.co.jp/campaign/ilcorpo_shinegel.html

▲ページトップに戻る