日焼け後の美白ケアは、どうすれば良い?

「日焼け止めを塗り忘れてウッカリ日焼けをしてしまった」と言うことも少なくはありません。

また、日焼け止めを塗っていても、ムラになっていて日焼けをしてしまうこともあります。そんな時、大切なのが日焼け後の美白ケアです。

日焼けをすると言うことは、一種のヤケドと一緒で、皮膚が赤く赤くなるだけで黒くならないと言う人もいますよね。

日焼けをしてすぐに黒くなる人は、紫外線に対するバリア機能があるのですが、赤くなる人の場合、このバリア機能が無く、よりお肌が傷つきやすくなっています。まずはお肌の火照りを押さえる事から始めましょう。

イルコルポミネラルボディシャインジェル

日焼け後、色素沈着のケアに。美白を取り戻すシャイニングジェル。
http://www.sibody.co.jp/campaign/ilcorpo_shinegel.html

ホテリを抑える成分が入っている化粧水などを使うのも良いのですが、冷蔵庫などで冷やした物を使う方法もおすすめです。ひんやりとして火照った身体にはとても気持ちがいいです。

お肌の火照りが落ちついたら、美白成分の入っている化粧水や乳液でお肌を保湿していきます。紫外線を浴びるとお肌が乾燥してしまうので、しっかりと保湿をしてあげてください。

また、美白成分の入っているシートマスクを使うのも効果的です。

日焼け後の美白ケアですが、お肌の状態を見てからするようにしてください。先ほどもお話しましたが、お肌が赤くなって火照っているのは軽いヤケドと同じ状態です。

この状態で美白ケアをしても逆効果!!まずは、火照りを抑えるところから始めてください。

お肌をクールダウンさせてから、保湿成分の高い化粧水や乳液を使って、お肌に水分を補給してあげましょう。

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る