日焼けケアにアロマを使ってみよう

日焼け後に使うケアアイテムも色々とあるのですが、今回はアロマを使った方法をご紹介しましょう。

自分で作る事が出来るので、市販品に抵抗がある人や、より安心して使えるものをお探しの方に特におすすめです。

日焼けケアに使うアロマですが、どのアロマでも良いというわけではありません。アロマにはそれぞれ特徴があるので、それを理解してから利用しないと危険です。

日焼け後の火照ったお肌に使うアロマは、「ラベンダー」がおすすめです。アロマには殺菌作用や鎮静作用があり、火傷をした場所にも使えるアロマです。

自分で作る場合ですが、ラベンダーオイルと無水アルコールを準備してください。ラベンダーオイルと無水アルコールを5ml用意し、100mlのボトルに入れてください。


そして100mlの容器がいっぱいになるくらい精製水をいれ、フタをしてめてよく振り、十分に馴染ませてから冷蔵庫で冷やしてください。これでラベンダーのローションの完成です。

日焼けをしてしまった場所にラベンダーローションを使って、ケアを続けていけば、シミやシワ、炎症などを抑えることが出来ます。

ちなみにこのラベンダーローションですが、冷蔵庫の中に保管をしておけば、半月くらいは使うことが出来ます。

日焼けケアだけでなく、普段のスキンケアにも使うことが出来るので、ラベンダーはおすすめのアロマですよ。

▲ページトップに戻る