日焼けをしてしまったお肌にはアロエ

万が一日焼けをしてしまったとしても、お肌のケアをシッカリとしていけば、シミやシワが出来るのを防ぐことも出来ます。

もちろん、一番良いのは日焼けをしないようにすることなのですが、今回は日焼けをしてしまったお肌のケアについてお話しましょう。

さて、日焼けをしてしまったお肌のケアですが、まずは火照りなどを取るのが先です。

お肌が火照っている状態や、ヒリヒリとしている状態でケアをしても、それが逆に刺激となってしまうことがあります。

火照りや炎症が気にならなくても、「日焼けをしちゃったかと・・・」と思ったときは、まずは冷やすようにしてください。


では火照りや炎症が無くなった後に使うケアとして、アロエを使った方法がおすすめです。

日焼け後に使うスキンケアアイテムの中には、アロエを使っているものも多く、火照りや炎症を抑えてくれる働きもあるので、アロエの化粧水があると便利です。

お肌への浸透力もよく、洗浄・殺菌・消毒の作用もあります。また新陳代謝の働きも整えてくれるので、日焼けをしてしまったお肌への水分補給としても抜群です。

シミが出来るのも抑えてくれますが、症状が酷い場合はアロエの化粧水に頼らず、病院へ行きましょう。

ちなみにアロエの化粧水ですが、冷蔵庫に入れて冷やして使うと、火照ったお肌にとても気持ちが良いので、冷蔵庫の中で保管をしておくといいですよ。

▲ページトップに戻る