日焼けをしてしまったときの治療

日焼け対策をしてしても、日焼けをしてしまうがあります。日焼け止めがキチンと塗れていなかったり、塗り忘れてしまうこともあります。

そこで今回は、日焼けをしてしまったときの治療についてお話しましょう。

まず日焼けをしてしまってお肌が火照るような感じがする場合、真っ先に「冷やす」ようにしてください。

早く日焼けケアをしようと思って、お肌が火照っているときに美白ローションなどを使ってしまうと、それが刺激となってしまい炎症を悪化させてしまうことがあります。

日焼けと聞くとそれほどたいした事の無いように思えるかもしれませんが、一種の「ヤケド」です。

スポンサーリンク


ヤケドと聞くと真っ先に「冷やす」事を思い浮かべると思いますが、日焼けも同じようにまずは冷やすようにしましょう。

お肌が火照っていてヒリヒリとした状態の治療法ですが、特別な物は必要なく、清潔なタオルを水で濡らし、それを日焼けをした場所に当てて熱を取るようにしましょう。

万が一、水ぶくれなどが出来てしまった場合は、自分で治療をしようとはせず、皮膚科を受診するようにしてください。

このときも、水ぶくれが割れてしまわないように注意しながら、冷やすようにしてください。

タオルで間に合わないようなら、アイスノンを使ったり氷をビニール袋などにいれてタオルで包み、患部に当てるようにしてください。

お肌の火照りが治まり、ヒリヒリとした感じも無く、水ぶくれも無いようであれば、出来るだけ刺激の少ない化粧水などを使って、タップリと水分補給をしてください。

もしも火照りが中々治まらない、水ぶくれが出来てしまった場合は、皮膚科で治療をしてもらいましょう。

イルコルポミネラルボディシャインジェル
日焼け後、色素沈着のケアに。美白を取り戻すシャイニングジェル。
http://www.sibody.co.jp/campaign/ilcorpo_shinegel.html

▲ページトップに戻る