車に乗るときの日焼け予防策

私も普段車を利用するのですが、紫外線が強くなる時期の日焼け予防策はとても大切です。

車に乗っているとついつい安心してしまって、日焼け予防策をとらないこともあるのですが、これはいけません。
最近の車は、UVカットガラスを使っていることが多いので、安心してしまっている人も居るのではないでしょうか?

ですが、車の中に居るからと言って安心はせず、車に乗るときにも日焼け予防策は大切です。

日焼け予防策ですが、日焼け止めを塗ることを忘れないようにしてください。特に車を運転される方は、右腕の方が日焼けをしやすくなってしまいます。

うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまい、右腕だけ日焼けをしてしまったというのは、なんとも格好の悪い話です。

スポンサーリンク


家の中にいても日焼けをするくらいなので、車の中にいても日焼けをしてしまいます。日焼け止めをシッカリとぬって、車を運転するときにも使えるUVカット出来るロング手袋を使いましょう。

ちなみに手袋ですが、これを使っていれば絶対に日焼けをしない、というアイテムではありません。

日焼け止めを塗って、さらに手袋を使うことで日焼け予防に繋がります。また、同じ手袋を何年も使い続けている人もいますが、手袋は1~2年くらいで買い換えるのがおすすめです。

大切に長く使いたい気持ちもわかるのですが、長く使い続けた手袋は、UVカット機能が期待できなくなっています。シッカリと日焼け予防を行いたいなら、毎年買い換えるくらいのペースがおすすめですよ。

▲ページトップに戻る