自転車に乗るときの日焼け予防策

自転車を使う人も多いと思いますが、紫外線が強い時期はそれだけでお肌への負担も大きくなってしまいます。

日焼け予防もしっかりとして、自転車に乗っていても日焼けをしないようにすることが大切です。そこで今回は、自転車に乗るときの日焼け予防策についてお話しましょう。

徒歩の時は日傘を使えるのですが、流石に自転車に乗りながら日傘を使うということは出来ません。まず自転車に乗るときは出来るだけ洋服でカバーをするようにしましょう。

流石に真夏に長袖に長ズボンの洋服を着るのは難しいので、UVカット機能が付いているドライ素材の洋服を探すようにしましょう。

Tシャツの上から羽織れるカーディガンタイプが便利でおすすめです。また、UVカットが出来るロング手袋を使うのも良いでしょう。


後は日焼け止めをシッカリと塗って、帽子&サングラスも使うようにすると良いのですが、抑えておきたいのは「自転車に乗る時間」です。

通勤などで自転車を利用する場合、出来るだけ紫外線の量が多くない時間帯に出るというのがポイントです。

もちろん、お買い物などで自転車を利用する場合も同じです。天気などにも左右されてしまいますが、9~15時は自転車に乗る事を避けるようにしてください。

いくら日焼け予防策をシッカリとしていても、紫外線の量が多い時間帯に出掛けてしまっては、日焼け予防策が不十分なところが日焼けをしてしまいます。

特に首の後ろは日焼け止めを塗り忘れることも多く、日焼けをしやすい場所でもあるので時間帯に気をつけつつ、首周りの対策もシッカリとしておきましょう。

▲ページトップに戻る