日焼けしにくい服の色は何色?

素肌が出ている部分には日焼け止めを使って日焼け予防をしていても、洋服で隠れている部分の日焼け予防はどうしたらいいのでしょうか?流石に全身、日焼け止めを塗るのは大変です。

そこで今回は、日焼けしにくい服の色についてお話しましょう。

最近の洋服にはUVカット機能が付いている物も多いので、紫外線の強いときにはそのような洋服を積極的に着るというのも1つの方法です。

洋服の色で言うと、黒や紺などの濃い色のもの。夏に濃い色の洋服は暑苦しく見えるので、白などの薄い色の洋服と着ることが多いのですが、このような色の洋服は日焼けをしやすいです。

また、素材によっても違い、麻や綿などの素材の洋服は紫外線を通しやすく、レーヨンやポリエステルは紫外線を通しにくいです。


つまり、黒や紺などの濃い色の洋服で、素材はレーヨンやポリエステルの物を選ぶというのが、日焼けをしにくい洋服になるというわけです。

ただし、デザインで洋服を選びたいという方も多いです。そんな時は、インナーに着る物をUVカット機能が付いているものにしたり、上記のポイントを抑えたものにすると、紫外線が強い時期でもオシャレをすることが出来ます。

ちなみに日傘も洋服と同様、黒い物の方が紫外線のカット率が高いです。白い日傘の方が涼しそうに見えるのですが、より紫外線をカットしたいなら黒や紺の物を選びましょう。

日焼けしにくい洋服を着て日傘を差せば、洋服で隠れている部分も日焼け予防をすることが出来ますよ。

▲ページトップに戻る