日焼けが原因の肌荒れ

肌荒れにも色々な原因があるのですが、中でもやっかいなのが日焼けによる肌荒れです。

夏の強い日差しや紫外線にるお肌へのダメージは、私たちが思っているよりも大きく、ただ単にお肌が荒れるだけでは済まされないこともあります。

日焼けというのは、軽い火傷と同じことです。肌荒れをしないためにも、日焼け予防をしっかりとすることが大切です。

万が一日焼けをしてしまっても諦めず、正しいケアをすることで肌荒れを予防することも出来ます。まずは「日焼けをしちゃったかな?」と思ったときは、すぐに冷やすようにしましょう。

お肌が火照っていたり赤くなっていたりすると、すぐにケアをしたくなりますが、まずは冷やすことが大切です。

スポンサーリンク


火照っていたり赤くなっている状態でケアをしようとしても、逆にお肌を傷つけてしまい、肌荒れの原因になってしまいます。まずは日焼けをしたところをしっかりと冷やしてから、ケアをするようにしてください。

さて、肌荒れをしないようにするためには、「保湿をする」ことが大切です。日焼けをするとお肌の水分が失われている状態なので、顔だけでなく、腕や足、首周りなど体にも化粧水や保湿クリームを使ってください。

日焼け後に使うボディー用も売っています。高価なものを使う必要はありません。たっぷりと水分補給が出来るものを選ぶのが大切なので、コスパのことも考えて選ぶようにするといいですよ。

例えば、こちらの商品。看護師さんのヨモギエキスを配合したよもぎ保湿ローションは、刺激が少なくおすすめですよ。

▲ページトップに戻る