日焼け後にお肌がぶつぶつしてきた

日焼け後のお肌のトラブルにも色々とありますが、お肌がブツブツとしてしまうことがあります。

痒くなることもあるのですが、これはいったいどうしてなのでしょうか。

お肌にぶつぶつが出てしまう人は、色白で日焼けをしても黒くならない人に多く見られる症状です。

一般的に日焼けをすると肌が赤くなり、その後黒くなるのですが、中にはお肌が赤くならずにぶつぶつだけが出来てしまうという人もいらっしゃいます。

これは、日焼けをしたことで作られるはずのメラニン色素が作られず、アレルギー反応のような感じでぶつぶつが現れてしまいます。

日焼け後に赤くなることがほとんどないので、いきなりお肌にぶつぶつが出来て驚かれる人も多く、何か変な虫に刺されたか、病気かと勘違いしてしまうこともが、数日もすればぶつぶつも治まります。

あまりにも痒みが気になるようだったり、ぶつぶつが酷くなるようであれば、皮膚科を受診することが大切なのですが、元々お肌の色が白かったり、日焼けをしたと思っても黒くならない方は、注意が必要です。

また、日焼け止めを塗っているのにお肌にぶつぶつが出来る場合、使っている日焼け止めに問題があることがあります。

日焼け止めの中には「紫外線吸収剤」が使われているものもあるのですが、これは名前の通り紫外線を一旦吸収をして、その紫外線を熱エネルギーに変えてしまうものです。

このため所々やけどのような症状がでて、ぶつぶつしてしまうことがあるのです。

このような場合は、日焼け止めを「紫外線散乱剤」が使われているものに変えてみましょう。
※↑ とても似た表現で紛らわしいので赤文字が若干違うことに注意してお読みください。

紫外線散乱剤は、紫外線を散乱させ跳ね返す素材。だからお肌に負担をかけず日焼けを防止することができるんですね。

お医者さんでも同じアドバイスをされているところもあります。皮膚科にかかっても紫外線吸収剤を使った日焼け止めを使い続けていては、またぶつぶつが出来てしまいますからね。注意しましょう。

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る