日焼けをするとアトピーが酷くなったりアレルギーが出ることも

皆さんは「日光アレルギー」というのをご存知でしょうか?

アレルギーと言うのですから、アレルギーの症状の1つだということはわかるかもしれませんが、強い日差しにさらされたとき、お肌に小さな湿疹が出来て強い痒みがみられます。

湿疹が出てくるまでに半日~2日間くらいかかるのですが、人によって症状の出方は違ってきます。元々アトピーの人は、日焼けをすることでアトピーの症状が酷くなることがあります。

大切なのは日焼け止めなどを使って、強い日差しからお肌を守るということです。可能であれば、日差しが強い時間帯の外出を避けるようにするというのも1つの方法です。

アトピーの方は、日焼け止めを選ぶときにも慎重にならなくてはいけません。出来るだけお肌に優しく、敏感肌の人やアトピーの人向けに作られた日焼け止めがおすすめです。

長袖を着たり、UVカット機能が付いている洋服を着る、日傘を差すなどの工夫も大切です。

強い紫外線はもちろんですが、弱い紫外線でも長時間お肌に当たっていれば、紫外線でお肌がダメージを受けてしまいます。

ダメージを受けたお肌は普段よりも刺激などに弱く、皮膚バリアの機能も低下しているので、アトピーの症状が酷くなってしまいます。

出来るだけこのような症状が起こらないように、万全の対策を取っておくようにしましょう。

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る