日焼け後のお肌の赤みはどうしたらいいの?

日焼け後にお肌が赤くなってしまうこともあります。元々お肌が弱い人はもちろんですが、そうでなくても長時間紫外線に当たっていると、日焼け止めを塗っていても日焼けをしてしまうことがあります。

もしも日焼け後のお肌の赤みが気になるような場合は、どうしたらいいのでしょうか?

日焼けというのは「やけど」と同じです。お肌の赤みや火照りがきになる場合は冷やしてください。

赤みのある部分にシャワーを当てると、水圧が痛く感じることもあるので、そのような場合は、濡らしたタオルを絞り、それをお肌に当てて冷やすようにしてください。

アイスノンや氷を使うのもOKです。もちろんこの時、冷たくて感覚が麻痺をしてしまうくらい冷やしてしまうのは良くありません。

スポンサーリンク


赤みが軽いようであれば、冷やすことである程度治まるのですが、何日も赤みが続くようであったり、赤く腫上がってしまったり、水ぶくれなどが出来てしまった場合は、自分でケアをせず、まずは皮膚科を受診してください。

日焼け後のお肌のお手入れ以外にも、シミやシワなどが出来てしまわないように、ビタミンCを積極的に取り入れるようにしましょう。食べ物でも良いですし、飲み物でもいいです。

手軽に取り入れられるサプリメントもおすすめですが、身体の内側からもケアをしてあげることで、万が一日焼けをしてしまったとしても、シミやシワなどが出来るのを防いでくれますよ。

▲ページトップに戻る