日焼けをしたら湿疹が出来たんだけど、これは何?

日焼けの症状にも色々とあるのですが、稀にひやけをしたところに湿疹が出来ることがあります。実はこれ、「日光皮膚炎」という症状なんです。

そのまま放っておくと大変なことになってしまうので、日焼け後に湿疹が出来てしまったら注意が必要です。

さて、日光皮膚炎ですが紫外線の影響でお肌に炎症が起きている状態です。湿疹以外にも、浮腫んだり水泡が出来たり、中には高熱が出てしまうこともあります。

もし高熱が出るようであれば、水分をたっぷりとり、病院へ行くようにしてください。

もしも湿疹が出来てしまった場合、皮膚科を受診して薬などを処方してもらってください。自己判断で市販薬を使い、湿疹を治そうと思っても、逆効果の場合があります。

お医者さんは症状を見極めて薬を処方してくれるので、まずは皮膚科です。

とは言え、一番大事なのは湿疹が出来ないようにすることです。日頃から日焼け止めを使うようにすることが大切ですし、オゾン層の破壊から年々紫外線の量の多くなってきています。

日焼け止めを使うことはもちろんですが、紫外線の量が一番強くなる時間帯の外出は避けるようにすることも大切です。

一度日焼けで湿疹が出来てしまうと中々治らず、数年間は湿疹と付き合って行く必要も多いので、季節や天気に関係なく、日焼け対策は重要です。

ちなみに日焼け止めを選ぶときですが、SPFの数値が高いものを1回だけ使うのではなく、数値が低くてもいいから短時間でもこまめに塗りなおすということと、成分に紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤を使っている物を選んで下さい。

紫外線吸収剤は、紫外線を熱に変えることで紫外線を防ぐのですが、この熱が炎症の原因になることがあるのです。

↓↓ SPFが低く、かつ紫外線散乱剤を使っている日焼け止めクリームはこちら
https://item.rakuten.co.jp/danke-de-kirei/1520504-new/

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る