日焼け後の皮むけはどうしたらいいの?

私も経験があるのですが、日焼けをした後、時間が経つと皮がむけてくることがありますよね。

腕や足など洋服で隠れる部分なら良いのですが、顔の場合は見た目もあまりよくありません。そこで今回は、日焼け後の皮むけについてお話しましょう。

まずなんと言っても日焼け後のお肌に大切なのは「保湿」です。

うっかり日焼けをしてしまっても、その後のケアをキチンとしていれば、シミやシワも出来にくくなりますし、皮がむけるのもある程度抑えてくれます。

とは言え、どうしても皮が向けてしまう場合は、無理に皮をむくことだけはしないでください。看護師さんのヨモギエキスを配合したよもぎ保湿ローションは、肌に優しくおすすめです。


肌がピリピリしてスキンケアができないようならディセンシアのサエルシリーズのホワイトニング ローション クリアリストを試してみて。

いわゆる美白系の化粧水なのですが日焼けで過剰になったメラニンの生成を引き起こす炎症や酸化を同時に抑える敏感肌用の化粧水なのです。

だから、弱った肌を守 りながら本来のバリア機能を取り戻し、透明肌へと導いてくれますよ。

ポーラ・オルビスグループのディセンシア サエル:お得なトライアルセットがこちら
http://www.decencia.co.jp/nc/sae_a/030/

さて皮が向けている部分であれば、自分で皮をむいてしまっても大丈夫なのですが、まだむけていない部分を無理やり自分でむいてしまうのが一番良くありません。

日焼けをして皮が向けるということは、炎症を起こした皮膚が再生しようとしている証拠です。まだ皮膚が再生しきっていないのに皮をむいてしまった場合、その部分にまた紫外線があたるとシミとなってしまいます。

むけ始めた皮を自分でむいていきたい気持ちもわかるのですが、後々の事を考えると無理に剥がそうとはせず、乳液などを使って保湿をしつつ、優しくマッサージをして自然と皮を取るようにしましょう。

ですが万が一、皮がむけてきた部分が化膿してきた場合は、すぐに皮膚科に行ってくださいね。症状によりますが、塗り薬を処方してもらえることがあります。

特に、元々皮膚が弱い人は日焼けをすると炎症がおこりやすくなります。お風呂に入るときも力強くゴシゴシとはこすらず、手を使って優しく身体を洗うようにしましょう。

▲ページトップに戻る