日焼けでシミが出来るのはなぜ?

シミの原因は、なんと言っても紫外線・・・日焼けをすることですよね。

本来なら、紫外線を浴びて日焼けをしてしまっても、お肌のサイクルでシミが自然となくなるのですが、新陳代謝が悪かったりお肌のターンオーバーのサイクルが狂っていると、ムラとなってシミが現れてきます。

なので、まずはお肌に紫外線が届かないように、日焼け止めを使った対策が重要になります。

私も外出する・しないに関わらず、普段から日焼け止めを使っているのですが、季節や天気に関係なく、シミを作らないためにも日焼け止めを使った紫外線対策をしていきましょう。

もちろん日焼け止めを使うときもポイントがあって、SPFの数値が高ければ高いほど良いというわけではありません。こまめに塗りなおしたり、外出先によって使い分けるなどの工夫も必要です。

スポンサーリンク


また、美白成分が配合されているスキンケアコスメを使うというのも、シミ対策には重要です。例えば、ビタミンC誘導体の成分が入っているコスメです。

私もこれを使っていますが、ビタミンCにはシミの原因のメラニン色素が作られるのを押さえ、シミの色を薄くしていってくれます。

イルコルポミネラルボディシャインジェル
日焼け後、色素沈着のケアに。美白を取り戻すシャイニングジェル。
http://www.sibody.co.jp/campaign/ilcorpo_shinegel.html

使い続けていくうちにシミが無くなっていくのですが、ビタミンCよりもビタミンC誘導体がおすすめです。

ビタミンCはコラーゲンを作るにも欠かせない成分なので、紫外線のシミ対策だけではなく、美白作りには欠かせませんよ。

▲ページトップに戻る