紫外線はできるだけ浴びない

ひと昔前、小麦色の肌がもてはやされていた時代には、夏になるとサンオイル片手にビーチでさんさんと太陽を肌に浴びせている若者たちの姿がたくさんありました。

自ら紫外線を受け入れるなんて、今の時代では考えられないくらい無謀で恐ろしい話ですよね。さて、すでに誰もがご存じのように、当然ながら紫外線は肌にいい影響を与えるものではありません。

特に女性にとっては、紫外線を浴びることで肌は急速に老化し、将来的なシミ・しわの原因になってしまいますので重大です。

若い頃に何も考えずに好きなだけ太陽を浴びていた結果、年をとってからシミだらけの顔になってしまった、という失敗談もよく聞きますよね。

また紫外線は皮膚ガンの発生リスクを高めたり、白内障を引き起こす原因になったりと、美容面だけでなく健康面でのデメリットも多いのです。

もちろん、太陽の光は殺菌効果もあり、体内時計をリセットしたりと体にとってプラスの作用もあるので全面的に悪者扱いもできないのですが、美容・健康を考えると、紫外線は可能な限り肌に蓄積しないように対策を心がけたいものです。

日焼け対策は夏だけじャダメ

日焼け対策は、紫外線の強くなる初夏ぐらいからはじめる、という方も多いでしょう。紫外線量が一気に増えはじめるのは4月下旬から5月にかけてのゴールデンウィークあたり。

気候も良くなり外出やアウトドアでの遊びも盛んになり始める時期なので、この頃から日焼け対策に気をつける人が増えてきます。

しかし本当のところ、この時期からの日焼け対策スタートでは遅いのです。日焼けに影響する紫外線にはA波とB波があり、強いエネルギーで短時間で肌表面を赤くする、いわゆる日焼けの原因となるのがB波で、肌の奥まで到達し、じわじわと長い時間をかけて影響を与えるのがA波。

つまり、将来的な肌へのダメージを考えると、A波の対策が重要になってくるわけです。

B波は夏の間が最も強く、冬は夏の5分の1ほどまでに弱まるので夏以外はさほど気にしなくても大丈夫なのですが、A波は、夏に限らず冬の時期でもタップリと降り注いでいるので要注意。

紫外線の量は5月からの夏の間がピークではありますが、A波・B波の両方をしっかりと防ぐためには、季節に関係なく、1年を通して紫外線対策をすることが大切です。

日焼けは未然に防ぐ努力を

1年を通して、私たちはなるべく日焼けをしないよう気をつけたいもの。日常生活の中で紫外線に当たらないように過ごすというのは、まず不可能ですが、自分の努力次第で、紫外線の影響を最小限にすることは可能です。

例えば、外出時には肌が出ている顔や手足には必ず日焼け止めを塗る。さらに数時間ごとに日焼け止めを塗り直せばより効果的です。

日焼け止めの上にファンデーションやパウダーを塗るのも二重のガードになりますので、お化粧は積極的に。

また、日傘や帽子をプラスすれば、日焼け予防効果はグンとアップします。長時間、外にいる場合は長袖やUVカット効果のついた洋服を着用するのも良いですね。

紫外線は肌だけでなく目からも吸収されるため、サングラスの利用もおすすめです。

一日の中で紫外線量の最も多い時間帯は、午前10時から午後2時頃。この4時間の間に、1日の全紫外線量の約50パーセントが降り注がれているのです。

可能であれば、この時間帯を避けて外出するようにスケジュールを調整するようにしたいものです。

日焼け後は正しいケアが勝負

どんなに日焼け予防に気をつけていても、気づかない間にうっかりと日焼けをしてしまうことはよくあるものです。

日焼けをしてしまっても、慌てず落ち込まず諦めず、迅速に正しいケアをすることが重要。そうすることで肌老化への影響を最小限に止めることが可能になります。

日焼けの度合いや症状にもよりますが、基本的に、日焼け後の肌は熱を持っていて火照っている状態ですから、まずは冷たい水や氷で火照りを鎮めてあげることが大事です。

その後は、普段使っている化粧水とは別に、肌に優しく刺激の少ないカーマインローションなどの日焼けケア専用の化粧水でケアすること。

日焼け後の肌は水分不足の状態になっているので、惜しまずにタップリと、肌に水分補給をしてあげましょう。

日焼け後は、すぐにでも美白美容液などをつけたくなりますが、日焼け直後の火照った肌には刺激が強すぎるのでNG。

美白専用のケアアイテムは、肌の火照りが鎮まった後に使用するようにしましょう。

日焼けケア:人気の記事

敏感肌でも大丈夫!ヒリつかない美白化粧品

透き通るような白い素肌に憧れるけど、肌が弱いから普通のコスメではひりひりして痛い…

日焼けしたらお肌がブツブツしてきた

日焼け後のお肌のトラブルにも色々とありますが、お肌がブツブツとしてしまうことがあ…

日焼けをすると、なぜだるくなる?

日差しが強くなるになると、外出するだけで体がだるくなるという方もいらっしゃるでし…

日焼けケアだけでなく、便利に使える馬油を使ってみては?

日焼け後のケアアイテムは沢山ありますが、今回おすすめしたいのは「馬油」です。実は…

日焼けケア:カテゴリー

日焼けについて

外出時に日焼け止めを塗るのを忘れてしまったり、きちんと日焼け対策をしていたつもりでも日焼け止めの塗りムラなどで、うっかり日焼けをしてしまうことはよくあるもの。日焼けをしてしまったらできるだけ早く、正しい美白ケアが必要です。日焼け後の、日焼けの状態に合わせた正しい美白ケアをご紹介するとともに、日焼けがもたらすお肌のデメリットや肌の老化との関係、効果的な日焼け止めの使い方などを解説しています。

日焼け予防

白い美肌を維持するには、何といっても日焼け対策が重要。外出時に日焼け止めを正しく塗ることは基本ですが、日焼け止めを塗るだけでは万全の対策とは言えません。洋服の色や素材で紫外線を通しにくいものを選んだり、帽子やサングラスを積極的に利用するなど、二重三重の対策がカギ。日焼け止めの機能を最大に発揮する効果的な塗り方や、日焼け止めを塗る以外の日焼け予防法、自転車や車に乗る時の注意点などもご紹介しています。

日焼けケア

日焼けをしてしまった後の肌は軽いヤケド状態なので、正しいスキンケアを行わないと肌を傷つけてしまうことがあるので要注意。日焼け後の肌にいきなり美白美容液などを塗ってしまうと、それが刺激となって肌の炎症を悪化させてしまいます。まずは火照った肌を十分に冷やしてあげることが大切です。日焼け後の正しい化粧水の使い方をはじめ、馬油やオロナイン、アロエなど、日焼けケアにおすすめのアイテムについてもご紹介しています。

症状

もともとアトピーやアレルギー体質の人は、日焼けをすることによって症状が悪化してしまうことがあります。アレルギー体質でなくても敏感肌の方は、日焼け後の肌に湿疹やブツブツができることも。これは紫外線の影響で肌に炎症が起きている状態なので、悪化する前に皮膚科を受診するようにしましょう。日焼け後に体がだるくなってしまった時のケアや、日焼け後の皮むけ、かゆみの対策など、日焼け後に現れるさまざまな症状について解説しています。

▲ページトップに戻る